ポロシャツ

ポロシャツを人より高価に見せるための工夫

ポロシャツは上下の色合いの組み合わせを考えるとどのような服でも合います。デニムやパンツ、ショートパンツに合わせると綺麗目でカジュアルな印象になります。スカートに合わせると綺麗目でフェミニンな印象になります。毎年着ていても流行遅れと感じさせないので高価なポロシャツでも無駄にはなりません。
高級ブランド店の中でもポロシャツは価格が安い目に設定されています。免税店やアウトレットで購入すると更に安く思えます。そしてポロシャツはTシャツに比べて型崩れがしにくいので洗濯もやりやすく長持ちします。高級ブランドのポロシャツはたいてい腕の所か胸のあたりにブランドのロゴやマークが入っています。そしてポロシャツの生地も良いので上質に見えます。服のコーディネートでどれか一つ高価なアイテムが入っていると全てが高価に見えます。
ポロシャツがブランド物だと下に着ている服もそれぐらいに匹敵した服を着ているように見えます。 高級ブランドの服はとても個性的で着こなしが難しく感じる服が多い一方で、ポロシャツはそこまでハードルが高くありません。個性的なデザインよりもブランドのロゴやマークのみといったシンプルなデザインが多いのも特徴です。

ポロシャツは役立つアイテム

男性、女性問わず、ポロシャツはいい塩梅に上品さを醸し出し、カジュアル過ぎないその見た目は、とても人気なアイテムの1つであります。そして、ポロシャツの中にもいくつか種類があります。それは、襟のサイズや素材の違いで分けられます。例えば、襟というものは、大きくなればなるほど上品に映り、小さくなればなるほどカジュアルに映ります。
よってその日の気分で、昼間のデータであれば少し小さめのもの、ディナーなどであれば大きめの襟でジャケットを羽織れば、要所要所で欲しい要素を手に入れることができます。続いて素材ですが、本来の定番は鹿の子でしょうか。
ほどよく硬く、着心地も良いため、今もなポロシャツの定番素材として君臨し続けています。ですが、最近さまざまなブランドから出るのは、ニット素材のポロシャツです。ニット素材のポロシャツ、どこか優しい感じを漂わし、ニット素材であるため着心地は鹿の子のポロシャツ以上と、言えるのではないでしょうか。やっぱりポロシャツは働く上でも、オシャレを楽しむ上でも、かなり、役の立つアイテムです。ですが、襟のサイズや素材をアップデイトすることで、もっとポロシャツの使い勝手に気付けることでしょう。

ポロシャツの素材について

ポロシャツは素材によって着心地や機能性が違います。自分の用途に合わせたポロシャツの選び方を紹介します。一つ目は、昔から馴染みのあるコットンです。肌触りが良く吸湿性、放湿性があるので汗をかいても快適な着心地を感じる事が出来ます。肌が弱い方は肌ざわりのよい天然繊維のコットン100%がお勧めです。難点は洗濯後に乾きにくいこと、しわになりやすく縮みやすいことです。
二つ目は、ドライ機能に優れたポリエステルです。ポリエステル100%の生地は汗をかいてもすぐに乾くのでスポーツウェアやユニフォームに向いています。夏の汗をかきやすい時期にはお勧めの素材となっています。安価で強度が強く、しわになりにくいので様々な衣類に利用されています。デメリットは静電気がおきやすいことです。三つ目は、種類の違う繊維を混ぜた混紡繊維です。
綿やポリエステルを混ぜた生地は綿のメリットとポリエステルのメリットを併せ持ちます。吸湿性、通気性、速乾性があり、洗濯にも耐えうる生地になっています。このように、同じポロシャツでも、生地によって機能性や着心地は変わります。ポロシャツを選ぶときは、季節や用途に応じて生地の種類で選んでみるといいと思います。


TOP

Copyright © 2017 ポロシャツでオシャレに着こなす方法とその魅力と素材とは All Rights Reserved.